アウキアウキ

アウキアウキ

アウキアウキとは?

ボリビアのアルティプラーノ(高地平原地帯)の踊りで、アウキはアイマラ語(ケチュア語でも同じ)で「父」または「お爺さん」という意味で、白人の老人を茶化した踊りです。

老人の仮面を被り、杖をついて、ピョコピョコと滑稽な踊り方をします。

アウキアウキのリズム

アウキアウキの有名なメロディーは主に一種類で伝統的なものです。

あまり何拍子と考えるタイプの曲ではないですが、記譜するとすれば3/4拍子になります。

3/4といってもワルツのようなものではありません。

アウキアウキの弾き方動画

日本で数少ないプロ・チャランゴ奏者 1983年生まれ。2018年末まで合計10年間ボリビアで音楽活動をしていた。 2017年にはアイキレ国際チャランゴコンクール国際部門金賞受賞。 現在は日本初のチャランゴ系YouTuberとしても活動中。 現・東京リャマ計画、3人アンデス。 元・ワイラ・ハポナンデス、チュパイチャキス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です