ブリッジミュート

ブリッジミュート

これは手のひらの小指寄りの部分でブリッジ近くの弦を押さえつけながら爪弾くことで、半分ミュートされた音が鳴るというテクニックです。

チャランゴはどうしても音域が狭いため、何度も同じメロディーを繰り返す場合は色々な音の出し方をする必要性が出てきます。

これは曖昧ですがメロディーがかすかに理解できる音が鳴るので、ちょっとした場面転換にはもってこいの奏法です。

【ブリッジミュート(テクニックのバリエーションを!)】

日本で数少ないプロ・チャランゴ奏者 1983年生まれ。2018年末まで合計10年間ボリビアで音楽活動をしていた。 2017年にはアイキレ国際チャランゴコンクール国際部門金賞受賞。 現在は日本初のチャランゴ系YouTuberとしても活動中。 現・東京リャマ計画、3人アンデス。 元・ワイラ・ハポナンデス、チュパイチャキス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です