左手で弾く

左手で弾く

左利きで演奏するという意味ではありません。

「普段弦を押さえる指で弾く」という、飛び道具的なテクニックです。

これも固定観念から実践することが少ない技ですが、弦は物が触れたりぶつかれば音が鳴るわけですから、普段押さえている左手で弦を弾くことでも音が鳴るわけです。

ただしナットに近い場所は張りが強くしっかりした音が鳴らないため、コツとしては少し高いフレットの位置(せめて5フレットあたり)の弦を左手で弾くことです。

【左手で弾く ちょっとした飛び道具】

日本で数少ないプロ・チャランゴ奏者 1983年生まれ。2018年末まで合計10年間ボリビアで音楽活動をしていた。 2017年にはアイキレ国際チャランゴコンクール国際部門金賞受賞。 現在は日本初のチャランゴ系YouTuberとしても活動中。 現・東京リャマ計画、3人アンデス。 元・ワイラ・ハポナンデス、チュパイチャキス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です