爪弾きトレモロ

爪弾きトレモロ

チャランゴでトレモロというと「かきならし」奏法のことも指しますが、ここでは複数の指で一本の弦を素早く連打して弾く奏法を見ていきたいと思います。

クラシックギターの名曲「アルハンブラの思い出」の弾き方と言えばピンと来る方も多いかもしれません。

【いい加減になってない?爪弾きトレモロ】

トレモロは薬指→中指→人差し指の順に指を巻き込むようにすると意外とすんなり出来るかもしれません。

しかしその際に一気に指が動いてしまわず、ちゃんとリズムを均等に刻めるようになっているように気を付けましょう。動画で紹介します。

日本で数少ないプロ・チャランゴ奏者 1983年生まれ。2018年末まで合計10年間ボリビアで音楽活動をしていた。 2017年にはアイキレ国際チャランゴコンクール国際部門金賞受賞。 現在は日本初のチャランゴ系YouTuberとしても活動中。 現・東京リャマ計画、3人アンデス。 元・ワイラ・ハポナンデス、チュパイチャキス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です