1・3コースのユニゾン弾き

1・3コース ユニゾン弾き

チャランゴの特徴として1コースと3コースが同じミの音で、1コースは高い弦が2本、3コースは高い弦が1本と低い弦が1本のオクターブ違いで張ってあるというものがあります。

せっかくこのような特徴があるのならそれを生かさない手はありません。

チャランゴでよく使われるのが、この1・3コースを同時に弾いたり、交互に弾いてインパクトのある音を出す爪弾きの方法です。

【定番!1・3コース ユニゾン弾き】

このテクニックの使い道などを紹介しています。

日本で数少ないプロ・チャランゴ奏者 1983年生まれ。2018年末まで合計10年間ボリビアで音楽活動をしていた。 2017年にはアイキレ国際チャランゴコンクール国際部門金賞受賞。 現在は日本初のチャランゴ系YouTuberとしても活動中。 現・東京リャマ計画、3人アンデス。 元・ワイラ・ハポナンデス、チュパイチャキス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です