リャメラーダ

リャメラーダ

リャメラーダとは?

リャメラーダの名称は動物の「リャマ」から来ており、リャマ飼いの踊りとして知られています。

リャマを追うために使う投石機(紐のようなもの)を手に持ち、それをクルクルと振り回しながら踊ります。

リズムとしてはワイニョの系統ですが、投石機を回しながら踊る人もクルクルと回転します。少しふわっと浮き上がるような感じで演奏できるとリャメラーダらしさが出ると思います。

また曲としては必ず決まった「キメ・フレーズ」が入ることが特徴です。

【リャメラーダの弾き方】

リャメラーダの弾き方、ふわっとした感覚の出し方などを見ていきましょう。

日本で数少ないプロ・チャランゴ奏者 1983年生まれ。2018年末まで合計10年間ボリビアで音楽活動をしていた。 2017年にはアイキレ国際チャランゴコンクール国際部門金賞受賞。 現在は日本初のチャランゴ系YouTuberとしても活動中。 現・東京リャマ計画、3人アンデス。 元・ワイラ・ハポナンデス、チュパイチャキス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です