ハーモニクス

ハーモニクス

ハーモニクスとは?

ハーモニクスは倍音のことで、楽器はある高さのドの音を鳴らしてもそのドだけではなく様々な音域の様々な音が鳴っています。

クラシックではフラジオレットとも呼ばれます。

実音と呼ばれるのがメインの音ですが、そのメインの音以外の音を強調するように弾くことで「ぽわ~ん」という不思議な音色が鳴ります。

鳴らし方が主に2種類あるので見ていきましょう。

【2種類のハーモニクスの鳴らし方動画】

【ナチュラル・ハーモニクスの鳴らし方】

左指で弦の一定のポイントに触れて、右手で弾くことで鳴らすハーモニクスです。

決まったポイントでしか鳴らないため出せる音が限られます。

【人工ハーモニクスの鳴らし方】

こちらは左手でフレットを押さえて、右手人差し指で弦の一定のポイントに触れ、右手親指で弾くという方法です。

半音を含め全ての音階を鳴らすことが出来るため、ハーモニクスでメロディーを弾くときなどに重宝します。

日本で数少ないプロ・チャランゴ奏者 1983年生まれ。2018年末まで合計10年間ボリビアで音楽活動をしていた。 2017年にはアイキレ国際チャランゴコンクール国際部門金賞受賞。 現在は日本初のチャランゴ系YouTuberとしても活動中。 現・東京リャマ計画、3人アンデス。 元・ワイラ・ハポナンデス、チュパイチャキス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です