ピックガードの貼り替え方

ピックガードの貼り替え方

何故張り替えるのか?

ピックガードは爪が当たって表面板が削れないようにするために貼ってある薄いプラスチックの素材です。練習をしているうちに端から剥がれ始め、最終的にはボロボロになってしまうことがあります。

ボリビアなどでは楽器屋でもよく売っているのですが、日本ではあまり見かけることがありません。

ちょっと楽しい貼り替え

そこで当時18私はクリアフォルダを切って貼るという方法を思い立ち、透明なクリアフォルダを求め大学生協へ行ったところ、当時では出始めであった絵画や写真のプリントされたクリアフォルダを見つけました。

ギターのように使用する面積が広いと絵画がそのまま見えてしまいあまり見た目が良くないのですが、チャランゴで使用するのはごく一部のため、どの部分を取るかによって雰囲気が変わりいいなと思いました。

それ以来、模様替えをする感覚で定期的にピックガードを貼り替えています。その張替えの方法をご紹介いたします。

【ピックガードの貼り替え方】特殊な道具は不要!

貼り替え方の手順を動画で分かりやすく解説しています。

日本で数少ないプロ・チャランゴ奏者 1983年生まれ。2018年末まで合計10年間ボリビアで音楽活動をしていた。 2017年にはアイキレ国際チャランゴコンクール国際部門金賞受賞。 現在は日本初のチャランゴ系YouTuberとしても活動中。 現・東京リャマ計画、3人アンデス。 元・ワイラ・ハポナンデス、チュパイチャキス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です