セーハのコツ

セーハのコツ

セーハとは人差し指で一本だけの弦ではなく複数の弦を押さえる方法のことです。

ギターでは初心者の難関として名高いですが、チャランゴは幸いセーハをしなくても基本的なコードは押さえられることが多いため、少し後回しになることが多いです。

とはいえ、いつかはやってくる「セーハ」。力とコツの双方が必要ですが恐れることはありません。

意外と重要なのが左手親指の位置です。うまく挟み込む力が働けばしっかりとした音が鳴るようになります。

【セーハのコツと基本フォーム】

日本で数少ないプロ・チャランゴ奏者 1983年生まれ。2018年末まで合計10年間ボリビアで音楽活動をしていた。 2017年にはアイキレ国際チャランゴコンクール国際部門金賞受賞。 現在は日本初のチャランゴ系YouTuberとしても活動中。 現・東京リャマ計画、3人アンデス。 元・ワイラ・ハポナンデス、チュパイチャキス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です