弦交換のやり方

弦の替え方

弦は切れるもの

初心者の方の中には弦が切れた際に「チャランゴが壊れてしまった!」と焦ってしまう方がいます。

焦らないでください。弦は消耗品なので切れるのは普通のことです。

とは言え、弦をどうやって替えたものか一人では迷ってしまうと思います。

YouTubeチャンネルにて弦交換のやり方を解説していますので参考にしてみてください。

更にこの記事の下の方には文章でも弦交換の解説をしていきます。

弦交換動画

【分かりやすい!チャランゴの弦交換】

弦交換の要点をまとめた動画です。

【超退屈!弦交換動画】

こちらは基本ノーカット(速送りあり)で弦交換の一連の作業を紹介しています。長いですが、じっくり見たい方はどうぞ。

弦交換の手順

1.必要な道具(★印は必須。それ以外はあると便利な物)

★新しい弦

★はさみ(弦を切る場合)

ストリングワインダー(ペグを回す道具)

つまようじ

チューナー

2.古い弦を外す or 切る

まずは今まで張ってあった弦を外さなければならいのですが、初心者の方はちょっと待った!

外す前に「ペグの部分にどの向きで巻きつけてあるか」「ブリッジ部分にどのように巻きつけてあるか」「「ブリッジのどの穴に通した弦が、どのペグに行っているか」等を一度観察し、写真を撮ったりメモをしておくと後々分かりやすいです。

また心配な方は全てを外してしまわずに、数本弦を残しておくと参考になります。

 

準備(心構え)が出来たら弦を外します。

この際に「弦を外す(切らない)」か「弦を切る」かという選択があります。

次に弦が切れた際のための予備などとして弦を再利用したい方は切らずに外してください。もうこの弦は要らないという方ははさみで切ってしまいましょう。

3.楽器を綺麗にする

急いでいる方は飛ばして構いませんが、弦の下の部分は普段は掃除しにくいので弦を外した機会にせめてほこりだけでもはらいましょう。

楽器用のクロスとクリーナーなどを使い綺麗に出来ると新しい弦も相まって、フレッシュな気持ちになります。

4.弦を張る1(ブリッジ側に巻きつける)

▼弦はブリッジ側から通します。ブリッジに弦を通し、少し余裕を持った長さを余らせましょう。

▼ブリッジ下側の余らせた弦をネック側に出ている弦の下に通し、出来た輪っかをくぐらせます。

▼もう一回し輪っかに弦を通します。

▼最後にネック側に出ている弦を引っ張ると輪っかが締まり巻き付きます

▼この時にブリッジ下側の最後の巻きつけ部分が写真上面の部分ではなく、写真右側の部分に来るように気を付けましょう。上面に最後の結び目が来ているとチューニングをして引っ張った際に弦が抜けてしまいます。

5.弦を張る2(ペグに巻きつける)

▼ペグの穴に弦を通します。穴が縦に来る位置に回しておくと入れやすいです。

▼一度下へ通し、もう一度先端を上に持ってきて、同じ方向からもう一度同じ穴に通します。

▼下側から引っ張り、しっかりと結びます。この際に弦はあまりピンと張らずに、ある程度余裕を持っておきましょう。

▼右手人差し指でナットの溝と弦を押さえ、右手のその他の指で弦を軽く掴みます。この状態で左手でペグを回すことで、弦が変な方向へ行かなくなります。

ペグは反時計回りに回します。(ヘッド方向へ向かって回転していればOK)

この写真のように、片側一方向へ向かって弦が巻き付けられていると見た目も綺麗です。時々指で弦をガイドしながら巻いていきましょう。

6.どこから、どこへ張ればいいのか分からなくなった方へ

最初のうちは、ブリッジの穴とペグの穴のどこを結べばいいのかが分からなくなりがちです。

下に分かりやすい対応画像を掲載しますので困った時はご参照ください。

特に注意する点は3コースで、下図の⑥の弦が細い弦、⑤の弦が太い弦です。

7.全部張れたらチューニング

チューニングの記事や動画を参考に全部の弦の音を合わせてください。

チャランゴのチューニングは「ソ・ド・ミ・ラ・ミ」、チューナーの表記だと「G・C・E・A・E」です。

オクターブを間違えないように最初のうちは慎重にやりましょう。特に3コースは手前側が細い弦、奥側が太い弦です。

8.完成!最初はチューニングが狂いやすい

お疲れさまでした。これで弦交換は終了です。

しかし、最初は全くと言っていいほどチューニングが安定しません。弦が伸び切るまではその都度チューニングをしなければいけません。

弦を思いっきり引っ張ることで早めに安定させることは出来ますが、要領が分かるまではどこまで強く引っ張っていいのか分からないかと思います。

このあたりも動画を参考にしていただけると安心かと思います。

 

日本で数少ないプロ・チャランゴ奏者 1983年生まれ。2018年末まで合計10年間ボリビアで音楽活動をしていた。 2017年にはアイキレ国際チャランゴコンクール国際部門金賞受賞。 現在は日本初のチャランゴ系YouTuberとしても活動中。 現・東京リャマ計画、3人アンデス。 元・ワイラ・ハポナンデス、チュパイチャキス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です