弦の押さえ方

弦の押さえ方

弦の押さえ方

チャランゴのような弦楽器は右利きの場合、右手で弦を弾き、左手で弦を押さえます。

基本中の基本で、いい音が鳴らない原因の半分くらいは、左手でうまく弦を押さえられていないことが原因です。

何に気をつければいいのか、そしてチャランゴのような小型弦楽器特有の注意点などを話していきます。

【弦の押さえ方の動画】

【弦の押さえ方:基礎中の基礎!しっかり弦を押さえよう】

弦の押さえ方の基礎、「指を立てて押さえる」などについて解説しています。

【激狭!ハイフレットの押さえ方】

チャランゴは小型弦楽器のためハイフレット(12フレットより上のあたり)が非常に狭いです。

ギターなどの感覚で押さえると上手く音が鳴らないため、うまく鳴らすコツを紹介します。

【セーハのコツ】

セーハとは人差し指を真っ直ぐ伸ばし、複数の弦を同時に押さえる方法です。

場合によっては全部の弦を人差し指で押さえるのですが、弦によって力が上手く伝わらず音がきちんと鳴らないことが多くあります。

ここでのコツについてお話します。

【左手親指問題】親指の位置ちゃんと確認してる?

「うまく押さえられない!」というときに、ついつい弦を押さえている指ばかりに注目しがちですが、実は裏側の親指の使い方が重要です。

物を持つときに親指を使わずに持つのは難しいですね。同じように弦を押さえるときに親指が力が入りやすい場所にないと、うまく押さえられないということです。

日本で数少ないプロ・チャランゴ奏者 1983年生まれ。2018年末まで合計10年間ボリビアで音楽活動をしていた。 2017年にはアイキレ国際チャランゴコンクール国際部門金賞受賞。 現在は日本初のチャランゴ系YouTuberとしても活動中。 現・東京リャマ計画、3人アンデス。 元・ワイラ・ハポナンデス、チュパイチャキス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です