ひとりで演奏

ひとりで(一台で)演奏動画

色々な動画をアップしていますが、「チャランゴ一本」というのは気合も必要で中々大変です。そんな動画を集めてみました。

Mentirosita (Cueca)

ボリビアでチャランゴの巨匠アルフレッド・コカさんに習ったクエカの曲を一人で演奏したものです。

Potosino soy (Huayño)

ボリビアのポトシの作曲家ウンベルト・イポレ・サリーナス氏の名曲です。「ポトシっ子だ俺は」という意味のタイトルです。ポトシの日を記念して公開しました。

Estudio para charango (Estudio)

現代チャランゴの父と呼ばれるマウロ・ヌニェス氏の一曲。現代チャランゴ創成期の曲にも関わらず、必要なテクニックが詰まっていることに驚くばかりです。チャランゴ弾きなら練習しておきたい一曲でもあります。

おもちゃの兵隊の行進曲

フォルクローレではない曲を弾いてみました。あの3分クッキングで有名なレオン・イェッセル氏作曲のクラシックの曲です。

Pascua linda (Tonada)

ボリビア南部のアルゼンチンに近い町タリーハの曲です。「僕の町のイースターほど美しいものはない… 僕はタリーハっ子だ」という一曲です。タリーハの日を記念して公開しました。

Cuando estoy contigo (Taquirari)

チャランゴの巨匠ウイリアム・エルネスト・センテーリャス氏の一曲です。Sonata…という名盤に収録されている一曲です。

Flor de chuquisaca (Cueca)

チュキサカの花という曲です。チュキサカ県はボリビアの法律上の首都であるスクレがある県で、日本でいうと京都のような古い町並みが残った世界遺産の町です。チュキサカの日を記念して公開しました。

Moto Mendez – Caraqueña (Cueca)

タリーハの町の日を記念してクエカを2曲メドレーでお届けします。タリーハ独立の英雄モト・メンデス氏を讃えた曲、そしてタリーハの偉大な作曲家ニロ・ソルコ氏がベネズエラのカラカスに亡命中に望郷の思いを綴った一曲カラケーニャです。

夏の思い出

日本の曲もチャランゴによく合います。特に鉄弦のバリトンチャランゴはこういった雰囲気の曲に合うと思っています。

えひめ丸

チャランゴの遠目の親戚にあたるウクレレの曲です。
ウクレレのスタープレイヤー、ジェイク・シマブクロさんの曲をチャランゴで演奏してみました。
ウクレレの4本の弦とチャランゴの2~5コースは調弦が同じなので、これからもウクレレの曲をときどき取り入れていきたいと思います。

Villancico de Villa Serrano (Chuntunqui)

昔チュントゥンキの本場であるチュキサカ県ビジャ・セラーノ村へ行った際に習ったクリスマスキャロルです。ちょっとタイトルが分からなかったので、このまま公開しました。
独特な訛りが上手く出せているか不安ですが、クリスマスの雰囲気を味わっていただければと思います。

El cóndor pasa (Fox trot – huayno)

フォルクローレといえばこの曲!
満を持してチャランゴソロで演奏してみました。

日本で数少ないプロ・チャランゴ奏者 1983年生まれ。2018年末まで合計10年間ボリビアで音楽活動をしていた。 2017年にはアイキレ国際チャランゴコンクール国際部門金賞受賞。 現在は日本初のチャランゴ系YouTuberとしても活動中。 現・東京リャマ計画、3人アンデス。 元・ワイラ・ハポナンデス、チュパイチャキス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です