スパルタ練習ワイニョ70

スパルタトレーニング・ワイニョ(テンポ70)

リズムの練習というのは沢山繰り返し練習をしたいものですが、それにずっと付き合ってもらえるギター奏者を探すのは大変です。(まずいません)

そこで練習用の動画シリーズを作りました。

コードをAmのみで右手に集中するものと、G7-C-E7-Amの循環進行でひたすら練習するタイプがあります。

ワイニョ編は「シンプルなストローク」「ばらし入りストローク」「カット入りストローク」の3種類です。

テンポ70はゆっくりなワイニョで訛りが強くなっています。

循環進行編も近日公開いたします。

 

【BPM=70 / Amのみ】

かなり遅めのワイニョです。この速度だと訛りが強くなります。

基本ストローク編

ばらし入りストローク編

カット入りストローク編

日本で数少ないプロ・チャランゴ奏者 1983年生まれ。2018年末まで合計10年間ボリビアで音楽活動をしていた。 2017年にはアイキレ国際チャランゴコンクール国際部門金賞受賞。 現在は日本初のチャランゴ系YouTuberとしても活動中。 現・東京リャマ計画、3人アンデス。 元・ワイラ・ハポナンデス、チュパイチャキス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です