ワカワカ

ワカワカ

ワカワカとは?

ボリビアのアルティプラーノ(高地平原地帯)の踊りです。

牛と乳搾りをする人をモチーフにしたちょっと変わった踊りです。

【ワカワカの踊り】

牛のハリボテを身につけ、それを振り回すように踊ります。動きがかなり激しい踊りなので、相当な体力が要るのではないかと感じます。これは全員ではなく一つの踊りの集団に数人がこの役割を担います。

また女性は十二単の如く多くのスカートを身につけて、ボリューム豊かなスカートを振り回すように踊ります。

【ワカワカの音楽】

音楽的には二拍子のリズムですが、あまり他に似たリズムがなく、敢えて言うのであればチャランゴのストロークはモレナーダに似ています。(全体としてはあまり似ていない)

フォルクローレ・グループによる演奏例が少なく、曲も伝統的な曲以外は少ないのですが、ラパスなどのお祭りでは団体が複数あり以外とポピュラーなリズムです。

【ワカワカの弾き方】

それではワカワカの弾き方を見てみましょう。

日本で数少ないプロ・チャランゴ奏者 1983年生まれ。2018年末まで合計10年間ボリビアで音楽活動をしていた。 2017年にはアイキレ国際チャランゴコンクール国際部門金賞受賞。 現在は日本初のチャランゴ系YouTuberとしても活動中。 現・東京リャマ計画、3人アンデス。 元・ワイラ・ハポナンデス、チュパイチャキス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です