プロフィール

1983年東京都出身。

小学生の頃よりあまり学校へ行かなくなり、中学で完全に不登校となり、14歳のときに「フリースペースたまりば」に通い始める。

そこでギターを弾き始め、のちにベースをメインで演奏するようになる。

17歳のときにフリースペースたまりばでTOYO草薙氏に出会いチャランゴを始める。

19歳(大学1年生の年齢)のときに、大学フォルクローレサークルの中でも古参かつ規模の大きい「東京大学民族音楽愛好会」に入部。「Ausencia」というグループを中心に活動する。

2004年、21歳のとき1年間ボリビアに自主留学。
サウル・カジェーハス氏アルフレッド・コカ氏らにチャランゴを師事したほか、「ロス・オルビダードス」「ムシカ・デ・マエストロス」に参加しボリビア音楽を学ぶ。

帰国後は現MAYAの渡辺大輔氏らと若手フォルクローレグループ「PachamaMax」での活動のほか、北中南米ミクスチャーバンド「Tupelo Drive」のメンバーとして活動。

2007年に再びボリビアに渡り、全曲オリジナルの1stソロアルバム『Sin Nacionalidad』を発表。

再度帰国後は前述のグループに加え、秋元広行氏、福田響太郎氏、小松早百合氏とのグループ「Alpaca Boom」にて全国ツアーを行い、秋元氏帰国後はトリオとしてアルバム『Tres árboles』を発表したほか、「Paca Berry Combo」などでも活動。

2011年から2018年まで8年間ボリビアに拠点を移し、コミックバンド、「ChupayCh’akis(チュパイチャキス)」を結成。2015年にはアルバム『Paceñando』を発表。

2015年にはボリビア在住の日本人音楽家で「Wayra JaponAndes(ワイラ・ハポナンデス)」を結成。日本の楽曲をフォルクローレ・アレンジした演奏スタイルで現地で好評を得る。日本でもAERAに取り上げられたほか、2017年、2018年には日本ツアーも行う。

ソロ奏者としては2017年の第36回アイキレ国際チャランゴ・コンクール国際部門金賞を受賞。

その他、さまざまなアーティストの録音やコンサートに参加した。

2019年より拠点を日本に戻して活動。

帰国後すぐにボリビア録音の2ndソロアルバム『desde La Paz』を発表。

2019年5月には令和初のプロフォルクローレバンド「東京リャマ計画」を結成し、新感覚フォルクローレと題しピアノ入りのポップな演奏で精力的な活動を行っている。2020年9月には1stアルバム『1er paso』を発表。

またボリビアでも一緒に活動していた歌手・秋元広行氏の来日時には「3人アンデス」と称し、笛の岡田浩安氏や勝野勉氏らと定期的にツアーを行い好評を博している。3人アンデスとしても『como la wiphala』というCDを発表。

メディアでは2020年3月に読売新聞の「幸せ小箱」というコーナーで一週間紹介された。

 

>>>SNSでのシェアはこちらから