勝野勉「はるにうたうはな」レコ発ライブin東京

 6/30(日)神保町のライブハウス「楽屋」さんにて十数年来の友人であるケーナ奏者勝野勉さんのレコ発ライブin東京がありました。
  関西を拠点としている彼の笛を存分に楽しめた機会でお客様も大満足だったのではないでしょうか。

 勉さんとは私が2度目にボリビアへ行った2007-2008年の時に出会いました。私の現在の義母の家であり、日本人音楽家が多く滞在していた家で半年強一緒に生活していました。

 私が作曲した曲で「Minibús, minibús, minibús」という曲があるのですが、この曲を初演したのが歌手の秋元広行さんと勝野勉さんと一緒に出演したラパス日本人会の日本文化週間でした。すでに10年以上の時が過ぎてしまいました。

 今回久々に勉さんの本気の笛を聞いて、凄味が増したいいケーナ奏者になったと感じました。やはり時はただ過ぎているのではなく、みんな努力してきたんだなと実感いたしました。

 また共演のミュージシャンがみんな凄腕。素晴らしいセンスのピアノを演奏される須藤信一郎さん、圧のあるアコーディオンの熊坂路得子さん、久々に共演しました凄腕パーカッション奏者熊本比呂志さん、そしていつもお世話になっております岡田浩安さん。これらのアンサンブルが勉さんの演奏をぐんぐん押し上げてきて心地よいライブでした。そして今回は2曲だけですが、自分も混ぜてもらい感慨深く光栄でした。

 秋頃に勉さんとは共演する機会があると思います。お楽しみに!

>>>SNSでのシェアはこちらから

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *