チャランゴとは?

チャランゴは南米アンデス地方の小型弦楽器です。

複弦と呼ばれる2本1セットにして弦を張り、全部で5コース、合計10本の弦を張り、主にフォルクローレと呼ばれる民族音楽で使われます。

またアルマジロの甲羅を使ったボディでも有名ですが、現在はボディからネックまでが木製の一刀彫のものが一般的です。

​調弦は「ソ・ド・ミ・ラ・ミ」で、ウクレレの調弦に1本足しただけなので、ウクレレ経験者の方はすぐに演奏できます。

サイズも小柄で、弦の張りもあまり強くないので、老若男女問わず弾きやすい楽器です。

​ギターのようにコードを弾いての伴奏から、ソロ演奏までいろいろな弾き方があります。中でも特徴的なのは全部の弦を高速でかき鳴らす奏法です。

​興味がわいた方は ↓ もご覧ください。

>>>SNSでのシェアはこちらから